八木仁愛の読み方やwikiプロフィール!エイベックス所属でダンスが別格!

yagitora-profie
スポンサーリンク

乃木坂46の公式ライバルとしてデビューが決まり、23名のメンバーが発表されました。

そのグループ名は「僕が見たかった青空」といい、2023年8月30日にCDデビューが決定しています。

今回は、初代センターを務める八木仁愛さんの読み方やwikiプロフィールについて調べてみました。

ぜひ最後までご覧ください。

目次

八木仁愛の読み方は?

初代センターを務める八木 仁愛さんですが、『やぎ とあ』と読みます。

仁は『じん・ひと・にん』の読みが一般的ですよね。

気になって調べてみましたが、漢和辞典(学研・藤堂)には「名のり」の読み方で『と』と記載されていました。

』という漢字は、思いやりや親しみ、いつくしみなどの意味があります。

グループでの活動はメンバーへの思いやりやファンから『』されるなど、まさに初代センターのポジションに必要な意味が込められていますね!

とても愛らしいく響きの良い素敵な名前ですね。

スポンサーリンク

【画像】八木仁愛のwikiプロフィール

【画像】八木仁愛の読み方やwikiプロフィール!エイベックス所属の過去
名前八木 仁愛(やぎ とあ)
ニックネームしーちゃん、耳太郎
生年月日2007年5月1日
出身地東京都
身長155cm
特技ダンス、ムーンウォーク
血液型A型
好きな食べ物ラーメン、グミ

八木 仁愛さんは、大きな瞳が可愛いらしく印象的ですね。

しかし、本人の自己アピールが公表されましたが、

耳がチャームポイント

あだ名が『耳太郎』というそうです!

2023年現在、16歳の高校1年生です。

八木さんは4歳のころから11年間、ヒップホップを中心としたダンスを習っていました

そのため、特技はヒップホップやムーンウォークのようです。

アイドルグループですが、キレキレのかっこいいダンスを披露してくれるのが楽しみですね!

八木さんは、センターを努めつことに対して、

「プレッシャーを感じている部分もありますが、このグループは23人で一つのチームだと思うので、みんなで力を合わせて精いっぱい頑張っていきたいと思います」

MANTANWEB

このように意気込みを語られています。

スポンサーリンク

八木仁愛はエイベックス所属でダンスが別格!

八木仁愛さんは、6歳からエイベックス・アーティストアカデミー東京校のリトルキッズクラスに通われています。

2013年頃に撮影された写真ですが、ポージングも大人っぽいですよね!

ダンスは11年程習っているため、実力は同期の子もレベルが違うと感じていたようです。

https://twitter.com/remi_remi25/status/1669308875722604551?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1669308875722604551%7Ctwgr%5E788218b95ceab10a3a7967f291d5a0710ad375df%7Ctwcon%5Es1_c10&ref_url=https%3A%2F%2Fsavethetables.org%2Fbokuaoyagiprofile%2F

バックダンサーなども努めた経験もあるかもしれませんが、詳細は見つかりませんでした。

人前で踊ることや表現することは、幼少期から培った経験が活かされそうですね!

スポンサーリンク

まとめ

今回は乃木坂46の公式ライバルとしてデビューが決まった「僕が見たかった青空」の初代センターを務める八木仁愛さんについて調べてみました。

エイベックスに所属され、6歳から11年間もダンスを習っている実力派の八木さん。

CDデビューから今後の活躍がとても楽しみですね。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次